講師検索

音野 太志 オトノ タイシ

一般社団法人 Japan Water Patrol 代表理事
https://www.japanwaterpatrol.com/
講師歴:15年
  • American Heart Association BLSインストラクター [2019年]
  • ハワイ ウィンドワードコミュニティカレッジ レスキューウォータークラフトオペレーター [2019年]
  • 公益財団法人 日本ライフセービング協会 [2010年]
  • サーフライフセービングオーストラリア ブロンズメダリオンインストラクター [2010年]

【オンライン研修対応可】(内容により)

2000年より水難救助の世界に足を踏み入れ、その後、自身のトレーニングとしてだけでなく、海浜を中心とした文化や、観光の発展を調査するために、ハワイ、オーストラリア、カリフォルニア等のビーチリゾートへ毎年行き、ライフガードとして最新の知識や技術の習得に努めてきました。

観光立県沖縄を支えているのは、沖縄が世界に誇る「美ら海」です。
そして今後、観光特区として沖縄が発展していくために必要なのは、ただの「美ら海」ではなく、「『安全な』美ら海」です。
その為には、海浜やプールにおいて、今よりもさらに質の高い「安全」を確立していくことが必須であり、その為の人材育成が何より重要だと考えます。現状の人材不足や無資格者の雇用問題等を解決し、訪れるお客様が、当たり前に安全の下で楽しめる環境を創り上げていく為に、安全を担うプロフェッショナルな人材育成と、彼等が活躍できる環境を共に創り上げていきたいと考えております。

事故を起こさない為の考え方であるリスクマネジメントや、水辺での救助方法、もしもの時の応急手当や救急法はもちろん、ライフガードという「命の現場」で培ってきた、コミュニケーションやチームビルディング、リーダーシップに関するトレーニングを専門としています。


研修プログラム

プログラム名 回数 総時間 代金
1. ビーチやプール等を付帯した施設における安全教育プログラム 全 10 回 80:00
  • 謝金額 : -円
  • テキスト代 : -円
  • アシスタント代 : -円
詳細へ
2. 水上バイクを活用したレスキュープログラム 初級 全 3 回 24:00
  • 謝金額 : -円
  • テキスト代 : -円
  • アシスタント代 : -円
詳細へ
3. 水上バイクを活用したレスキュープログラム 中級 全 4 回 32:00
  • 謝金額 : -円
  • テキスト代 : -円
  • アシスタント代 : -円
詳細へ
4. 水上バイクを活用したレスキュープログラム 上級 全 5 回 40:00
  • 謝金額 : -円
  • テキスト代 : -円
  • アシスタント代 : -円
詳細へ
5. 応急手当・救命救急プログラム 全 4 回 32:00
  • 謝金額 : -円
  • テキスト代 : -円
  • アシスタント代 : -円
詳細へ
6. コミュニケーション・チームビルディングセミナー 全 6 回 24:00
  • 謝金額 : -円
  • テキスト代 : -円
  • アシスタント代 : -円
詳細へ

この講師を希望する 


対応スキル

  • コミュニケーション
  • ビジネススキルその他
    リーダーシップトレーニング
  • 専門分野その他
    安全教育・水難救助,ビーチ・プール・レジャー施設・マリンスポーツ

著書等

  • 子どもと楽しむ海浜活動―安全管理ガイドブック&プログラム事例集 (海を活かした教育に関する実践研究シリーズ), 協同出版, 2016年
  • 海はともだち, 文進印刷株式会社, 2015年

講師のお薦め図書

講師実績

2015年5月~
2015年5月
石垣島マリンレジャー関連業者を対象とした「救命救急講習」。
2015年4月~
琉球大学講義「ニュースポーツ」履修者を対象として、水辺での自己保全や簡単なレスキュー技術の講義を実施
2015年~
2015年
株式会社南都からの依頼により、沖縄ワールド内にある、玉泉洞を用いたチームビルディングプログラム開発へむけたワークショップ。
2014年12月~
2014年12月
園田学園女子大学の集中講義にて、リスクマネジメント・チームビルディング・コミュニケーション・海洋スポーツに関するプログラムを実施。
2014年10月~
2015年2月
「名護ハーリー本格チームビルディング・アクティビティ開発」名護ハーリーを活用したMICEメニューの開発及びプロモーション事業。対象は名護市観光協会・名護商工会。
2014年~
万座ビーチライフガードを対象とした、監視・救助に関する知識や技術ならびにチームビルディングに関する訓練を実施。
2012年~
国立沖縄青少年交流の家職員の職員研修。内容は救急法及び救助法。年1回開催。
2012年~
沖縄県内救難所員を対象とした訓練講師。年15回程度開催。内容はリスクマネジマント ・ライフセービングスキル ・救急法 ・水難救助技術等。
2012年~
渡嘉敷島国立沖縄青少年交流の家へ登録しているボイランティアを対象とした「救命救急」講習。年1回開催。
2012年~
琉球大学講義「スポーツ実践ボランティア」履修者を対象として、リスクマネジメントや海洋スポーツに関する講義を実施。
2012年~
沖縄県内の海浜でライフガードを行う者・興味のある者を対象にライフセービング講習を開催。 年1回開催。

研修報告書

2020年1月〜
 2020年1月
水難救助及びリスクマネジメント指導者研修(マリンプロモート協会⑥)
2019年8月〜
 2019年8月
第2回水難救助講習(マリンプロモート協会②)
2019年8月〜
 2019年7月
第1回トーイング研修(マリンプロモート協会③)
2019年7月〜
 2019年7月
沖縄本島地区旧難所員合同訓練(公益社団法人琉球水難救済会①)
2019年6月〜
 2019年6月
第1回水難救助講習(マリンプロモート協会①)
2019年11月〜
 2019年11月
第3回 水難救助講習(マリンプロモート協会④)
2019年11月〜
 2019年12月
第2回トーイング研修(マリンプロモート協会⑤)
2019年10月〜
 2019年10月
水上バイクレスキュー訓練(公益社団法人琉球水難救済会②)
2019年1月〜
 2019年1月
第2回水難救助スキルアップ研修 ( マリンプロモート協会 ④ )
2018年8月〜
 2018年8月
第2回水難救助及びリスクマネジメント研修 ( マリンプロモート協会 ② )
2018年6月〜
 2018年6月
水難救助及びリスクマネジメント研修 ( マリンプロモート協会 ① )
2018年11月〜
 2018年12月
水難救助スキルアップ研修 ( マリンプロモート協会 ③ )
2018年10月〜
 2018年10月
マリンレジャー事故対策訓練 ( 公益社団法人琉球水難救済会 )
2017年9月〜
 2017年11月
海遊人「うみあしばー(マリンスポーツ関係者とライフガード)で守る美ら海安心・安全推進島育人プログラム」(沖縄県ウォータークラフト安全協会)
2017年8月〜
 2017年8月
リスクマネジメント及びPWCレスキュートレーニング(マリンプロモート協会)
2017年8月〜
 2017年8月
Jr.ライフガードインストラクター養成(琉球ライフセービングクラブ)
2017年6月〜
 2017年6月
マリンレジャー事故対策訓練(中北部地区救難所員合同訓練)(公益社団法人琉球水難救済会)
2017年6月〜
 2017年6月
水上バイクレスキュー及びウォーターリスクマネジメント(琉球ライフセービングクラブ)
2017年10月〜
 2017年10月
第2回 リスクマネジメント及びPWCレスキュートレーニング(マリンプロモート協会)